「ケトジェニックダイエット」向けサプリの意外な副効用!

「ケトウェイトロス」

とは?

米人気サプリメーカー「BPI sports社」によるサプリメントで、ケトジェニックダイエットを行う方から人気の商品です。ケトン体のもととなる中鎖脂肪酸や、ケトン体の一種であるBHBが豊富に配合されています。

ケトジェニックダイエットは厳格な糖質制限を伴うため、時に“集中力の欠如”や“疲労感”などの望ましくない作用が起こるといわれていますが、これらが起きにくいようケトウェイトロスがサポート。またケトン体の供給量をアップさせることで、より燃焼しやすい体質へと導きます。

 

 
「ケトジェニックダイエット」とは?

糖質の摂取量をうんと減らし、脂質とタンパク質をメインとする「ケトン食」によるダイエットのこと。単に糖質を控える食事法の「低糖質」と比べて、ケトン食は良質な脂質を沢山摂る必要があり、また糖質制限がよりシビアです。

ケトン食では、本来は主なエネルギー源となる糖質が供給されないことで、身体は他のエネルギー源を利用することを余儀なくされます。そこで登場するのが「ケトン体」。

ケトン体は、脂質(特に中鎖脂肪酸)を分解したときにできる物質です。これがエネルギー源として利用されるため、脂質の分解・燃焼が加速し、効率的にウェイトロスができるというわけです。


「ケトウェイトロス」
★ダイエットに留まらない可能性★

 
【活用法①】★認知症編★
~ケトン体が認知症の症状を抑制!?~
近年、ケトン体によってアルツハイマー認知症の症状が抑制されるという報告が増えています。ポイントは、糖質の一種であり脳のエネルギー源となるグルコース
脳内にアミロイドβタンパク質といういわば「不要なゴミ」が蓄積すると、脳はグルコースをエネルギー源として利用しづらくなります。すると脳内がエネルギー不足になり、アルツハイマー認知症の症状を引き起こす一因になるとされています。
これまで、脳がエネルギー源として利用できるのはグルコースのみだと考えられてきましたが、実はケトン体も利用されていることが明らかになってきました。しかも、脳内に「不要なゴミ」アミロイドβタンパク質が蓄積していても、ケトン体ならばエネルギー源として利用できるというのです。
 
つまり、ケトウェイトロスでケトン体の供給量を増やすことで、脳内のエネルギー不足が補われ、認知症の症状を抑制できるかもしれないのです!
 
人生100年時代ともいわれている今、認知症は多くの人が恐れる病気です。特に、ミドル世代以降にとっては他人事とはいえません。
 
ミドル世代といえば、体型の変化が気になる人が少なくありません。ケトウェイトロスを使ったケトジェニックダイエットで、カラダもアタマもスッキリ!となれば、訴求効果はバツグンに上がること間違いなし!?